ロジカルシンキング – 新 問題解決必須スキルコース | BBT問題解決力トレーニングプログラム
BBT問題解決力トレーニングプログラム|企業研修ページ

ロジカルシンキング

03-02
論理的に物事を考える技術は、ビジネスの基本です。しかし、「ロジカルシンキングを学んでも仕事で活用できていない」という課題をよくお聞きします。ロジカルシンキング研修では、「知っている」から「できる」を目指して、ワーク中心の集合研修、オンラインでのマンツーマンフィードバックなど、貴社の状況やご要望に応じて研修カリキュラムをご提案しています。

概要

対象若手社員~中堅社員
eラーニング有 ※視聴のみ、添削付の講座など、ご要望に応じてご提案します
集合研修半日、1日、2日
実施例【若手】集合研修(1日)
【中堅】eラーニング(事前学習)+集合研修(2日)
【中堅】eラーニング(講義視聴+演習+課題添削+マンツーマンフィードバック)※評価レポート付
備考アセスメント対応有、ご要望に応じて評価レポートの対応可

サービスのポイント

ロジカルシンキングの基礎~応用まで対応

論理的思考の基本である「MECE」「フレームワーク」「ピラミッド構造」「ロジックツリー」などをベースに、ロジカルシンキングの12のテーマを用意。また、思考法やツールの内容理解に留まらず、「聞く」「伝える」「読む」「書く」にも応用できる実践力を鍛えることができます。

ワーク中心の集合研修、マンツーマンフィードバックのeラーニングなど多様なサービスを提供

集合研修はもちろん、eラーニング研修、eラーニングと集合研修を組み合わせたブレンディング型など、ニーズに合わせてさまざまな研修のスタイルで実施が可能です。ワーク中心の集合研修、オンラインでのマンツーマンフィードバックなど、貴社の状況やご要望に応じて研修カリキュラムをご提案しています。

身近なテーマを題材にしたケース演習やアセスメントで「知っている」から「できる」へ

より実践的にロジカルシンキングを体得するために、身近なテーマでケース演習に取り組み、添削フィードバックを受けることも可能です。また、集合研修の実施後にアセスメントを実施し、学びの効果を測定するなど、ロジカルシンキングを仕事で活用できるような仕掛けが可能です。

実施例

■ケース1

若手~中堅社員に論理的思考力を実務で使えるようになってほしい

実務で使えるロジカルシンキング研修を実施したいと考えていたが、全国各地に若手社員が勤務しているため、集合研修での実施が難しいと感じていた。そこで、完全オンラインで個別指導によるロジカルシンキング研修を実施。毎週1テーマ「講義視聴→演習取組み・提出→個別フィードバック→再提出→フィードバック」を12週間取り組んでいただき、「知っている」状態から「できる、使いこなせる」まで目指しました。また、毎週、振り返りとして学んだロジカルシンキングのテーマを業務にどのように活かせるかをディスカッション。12週間の研修終了後には、最終レポートとしてまとめていただきました。受講終了後には、一人一人の思考力の評価レポートを作成し、人事担当者や上席の方に、受講者の思考力やOJTの中でさらに鍛えるのはどうしたらいいのか?などのフィードバックを行いました。
対象若手~中堅社員
実施形態eラーニング(講義視聴+演習+課題添削+マンツーマンフィードバック)※評価レポート付
実施期間約3か月