BBT問題解決力トレーニングプログラム|論理的思考(ロジカルシンキング)と問題解決手法を鍛える

無料メールマガジン 大前研一 ニュースの視点
0120-48-3818 平日9:30〜17:30(土日祝を除く)

問題解決の基本

問題解決の基本から企業の戦略立案まで、問題解決の全体像を掴むただいまキャンペーン中!

高松康平(株式会社ビジネス・ブレークスルー執行役員 / 問題解決力トレーニングプログラム講座責任者 / ビジネス・ブレークスルー大学 専任講師)
問題解決の基本
開講月
奇数月開講
受講スタイル
オンライン講義+演習問題
(個別添削有)
受講期間
6か月
定員
なし
2019年開講の新コース。時代が変わっても、すべての世代にベースとなる問題解決力は必要です。『問題解決の基本』では、BBT講座責任者が問題解決スキルを体系化し、現場で起こる問題から会社全体での問題まで、問題解決の全体像を掴みます。
カリキュラムの前半では、現場の視点をメインに問題解決の基本プロセスを学び、ケースワークを通じて、問題解決の全体プロセスを習得します。さらに、問題解決を進めるうえで土台となる論理的思考とデータ分析を学び、自分の力で答えが出せるようになることを目指します。後半では経営者の視点まで目線を上げ、戦略の基本と財務分析の基本を学びます。さらに、BBT独自の教育メソッド「Real Time Online Case Study(リアルタイム・オンライン・ケーススタディ、以下RTOCS®)」を通じて、戦略をつくる流れと勘所を得ていきます。
『問題解決の基本』では幅広いテーマの演習問題を豊富にご用意。身近なテーマも扱うので、初心者の方でも興味をもってコツコツと取り組むことができます。また、17個の演習問題を提出いただくことで、フィードバックを受けながら受講することが可能です。問題解決の基本から企業の戦略立案まで、問題解決の全体像を掴み、自分で考える力を身につけます。

プログラムの特徴

  • 集合研修に年間70日登壇するBBT講座責任者がわかりやすく解説
  • 身近なテーマから企業にかかわるお題まで、幅広い演習で練習可能
  • 問題解決の基本から企業の戦略立案まで、問題解決の全体像を掴む

カリキュラムの全体像

問題解決スキルを体系化し、問題解決の全体像を把握するカリキュラム!

バラバラと経営知識・フレームワークを学ぶのではなく、1人の講師から体系的に問題解決を学ぶことができます。
前半では現場の視点をメインに、問題解決の基本プロセスや論理的思考・データ分析を学び、自分の力で答えが出せるようになることを目指します。後半では経営者の視点まで目線を上げ、戦略をつくる流れと勘所を得ていきます。現場の問題解決から経営者の視点まで、段階を踏んでステップアップできるプログラムになっています。

右にスクロール

※カリキュラムは一部変更になる場合があります

■修了条件
17問の合格
前半:12問 [問題解決ケースワーク(6問)/論理的思考の基本(3問)/データ分析の基本(2問)/総合レポート(1問)]
後半:5問 [戦略の基本(3問)/RTOCS研究(1問)/総合レポート(1問)]

カリキュラム

前半

講座名テーマセクション演習数
イントロダクション狙い
問題解決の
基本
問題解決とは 問題解決とは何か?
問題解決10分間ワーク
問題解決のプロセス
なぜ問題解決を学ぶのか?
1
問題定義 問題定義とは?
問題定義の3つのポイント
ミニワーク
2
問題分解 問題分解とは何か?
問題分解の3つのポイント
ミニワーク
1
原因分析 原因分析とは何か?
原因分析の3つのポイント
事業部長の視点で仮説を作る
課題発見とは何か?
課題発見の3つのポイント
ミニワーク
1
解決策立案 解決策立案とは何か?
解決策立案の3つのポイント
ミニワーク
1
解決策立案
(応用)
アイデアを創る2つの技術
ミニワーク
2
プレゼンテーション プレゼンは何か?
プレゼンの3つのポイント
ミニワーク
1
問題解決
ケースワーク
ケースワーク 課題発見(問題分解)
課題発見(原因分析)
課題発見(まとめ)
解決策立案
プレゼン
6(必須提出)
論理的思考
の基本
論理的思考とは? 論理的思考とは?
問題解決に必要となる3つの技術
分ける技術 分ける技術とは?
3つのポイント
ミニワーク
1(必須提出)
選ぶ技術 選ぶ技術とは?
3つのポイント
ミニワーク
1(必須提出)
まとめる技術 まとめる技術とは?
3つのポイント
ミニワーク
1(必須提出)
データ分析の
の基本
データ分析とは? データ分析とは?
データ分析の目的
良い分析と悪い分析
データを収集する 考え方
データ収集の手法
ミニワーク
1
比較する 比較のポイント
3つのポイント
ミニワーク
1
グラフ化する グラフ化とは?
3つのポイント
ミニワーク
4(4問中2問
必須提出)
解釈する 解釈とは?
3つのポイント
ミニワーク
1
総合レポート 1(必須提出)

※カリキュラムは一部変更になる場合があります

後半

講座名テーマセクション演習数
戦略の基本戦略とは? 戦略とはなにか
戦略立案の流れ
事業の目的・目標の設定 会社の目的・目標とは?
典型的な財務指標
ミッション・ビジョン・バリュー
ミニワーク
1
本質的課題の発見 STEP1 情報を収集する
ミニワーク
STEP2 グルーピングする
STEP3 まとめる
ミニワーク
ミニワーク
3(3問中1問
必須提出)
戦略立案の方向性 戦略の全体像
①経営資源の活用
②経営資源の獲得
③競争戦略
ミニワーク
④ビジネスモデル
ミニワーク
2(必須提出)
具体的施策の立案 ツリーの作成
KPIマネジメント 良い指標とは?
指標の選び方
財務分析の基本財務分析とは? 数字でビジネスを読み解く
財務3表のつながり
チェックしたい3つの資料
損益計算書 見るべきポイント①~⑦
ミニワーク
1
貸借対照表 見るべきポイント⑧~⑫
ミニワーク
1
キャッシュフロー計算書 見るべきポイント⑬~⑮
ミニワーク
1
総合指標 見るべきポイント⑯~⑰
ミニワーク
1
RTOCS研究RTOCS実践 RTOCSとは?
⑫RTOCS研究1 お題
映像講義
解説
1
⑬RTOCS研究2 お題
映像講義
解説
1
⑭RTOCS研究3 お題
映像講義
解説
1
⑮RTOCS研究4 お題
映像講義
解説
1
⑯RTOCS研究5 お題
映像講義
解説
1
課題 1(必須提出)
総合レポート 1(必須提出)

※カリキュラムは一部変更になる場合があります

ケースの学び方

講義・演習を繰り返し学びます

まずは基本を講義で学び、ミニワークを通じて実力アップしていきます。さらに前半・後半の学びの確認のために、それぞれの講義の最後に総合レポートに取り組んでいただきます。

身近なテーマから企業にかかわるお題まで幅広い演習問題をご用意

演習問題では、上司と部下の会話など実際の仕事の場面に近いケースをはじめ、身近なテーマを豊富にご用意。問題解決が苦手な方でも状況をイメージしやすく、興味をもってコツコツと取り組むことができます。実在する企業をベースに「もし自分が当事者だったらどうするか(What if~?)」を考えるケースも多く、実務ですぐに使えるスキルが身につくカリキュラムになっています。また、演習問題を提出いただくことで、フィードバックを受けながら受講することが可能です。問題解決の基本から企業の戦略立案まで、問題解決の全体像を掴み、自分で考える力を身につけます。

  • それぞれの講座もわかりやすく体系的に整理しています
  • 問題解決力を自分の武器にするために、実践的な講義とケースで学びます

講師

高松康平
高松 康平
(株式会社ビジネス・ブレークスルー執行役員 / 問題解決力トレーニングプログラム講座責任者 / ビジネス・ブレークスルー大学 専任講師)
慶應義塾大学経済学部卒業後、マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社。その後、リクルート等を経て現職。
現在は「考える力」を中心に様々な教育コンテンツを提供するビジネス・ブレークスルーにて、教育コンテンツ開発室長を務め、年間5000名以上が受講する「BBT問題解決力トレーニング」の講座責任者でもある。年間約100日以上の法人研修をプロデュース。
自らも研修講師として、製薬・メーカー・金融・IT・小売・広告・素材・サービスなど幅広い業界の企業をメインに年間約70日登壇している。

体験映像

プログラム概要

名称
問題解決の基本(講師:高松康平)ただいまキャンペーン中!
受講期間
6ヶ月
講義時間
約20時間
受講スタイル
オンライン講義+演習問題(個別添削有)
開講月
奇数月開講
受講料
168,000円(税抜)151,200円(税抜)
お支払
以下の方法がご利用いただけます。
  • ・銀行振り込み
  • ・教育ローン
  • ・クレジットカード
  • ・ペイジー(ネットバンキング・ATM)
  • ・コンビニ決済

  • 【教育ローン】
  • ※ご利用にあたっては、各教育ローン会社からの審査がございます。審査の結果、教育ローンがご利用になれない場合もございますので予めご了承ください。
  • ※海外にお住まいの方は、教育ローンをご利用頂くことができません。
  • ※審査にお時間を要する場合もございますため、必ず「各コースの申込締切10日前」にお申し込み手続きを完了させてください。

  • 【ペイジー】
  • ※金融機関のATMやネットバンキングから支払うことができるサービスです。
  • ※手数料は無料で、100万円未満のご注文でご利用いただけます。
  • ※10万円以上の場合はATMはご利用いただけません。
  • ※ペイジーでは、お支払い期限が過ぎると注文は自動的にキャンセルされます。予めご了承ください。
  • ※詳細はこちら(http://www.pay-easy.jp/index.html)をご確認ください。

  • 【コンビニ決済】
  • ※「確認番号」「受付番号」の2種類の番号を使ってコンビニで代金をお支払いいただけるサービスです。
  • ※手数料は無料で、お支払は現金のみとなります。
  • ※30万円未満のご注文でご利用いただけます。
  • ※お支払い期限が過ぎると注文は自動的にキャンセルされます。予めご了承ください。
  • ※利用可能なコンビニエンスストア
    (セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、サークルK、サンクス、ミニストップ、デイリーヤマザキ、セイコーマート)
  • ※各コンビニでのお支払い方法はこちら(https://www.gmo-pg.com/sep/customer-convenience-store/
  • ※コンビニ支払の受領書がそのまま領収書としてお使いいただけます。
  • ※領収書は弊社では発行いたしかねますのでご了承下さい。
お申込み締切
開講日より5営業日前の15:00まで
※お申込み締切日は変更になることがありますので、お知らせ欄にて必ずご確認ください
応募資格
BBT大学/大学院、Bond-BBT MBAプログラムに在籍中の方はご参加いただけません
副教材
大前研一ライブ・アワー、BBT Channel視聴、大前研一通信PDF版、英語コンテンツライブラリー
備考
本講座は、BBT大学『問題解決基礎2・3』と同一の映像講義を利用しています。
詳細を確認されたい方は、お問合せまでご連絡ください。
  • facebook
  • twitter

各種ソーシャルメディアで様々な情報をお届けしております。

大前研一 ニュースの視点