BBT問題解決力トレーニングプログラム|論理的思考(ロジカルシンキング)と問題解決手法を鍛える

無料メールマガジン 大前研一 ニュースの視点
0120-48-3818 平日9:30〜17:30(土日祝を除く)

経営者のためのプロジェクトマネジメント講座

プロジェクトチームを支援するために必要な手法や対応の仕方、プロジェクトマネージャーの育成と選択の考え方を学ぶ

講師:水谷浩二(元 日本アイ・ビー・エム株式会社 常務執行役員、株式会社クレスコ 取締役副社長)
開講月
毎月1日開講
受講スタイル
オンライン講義視聴のみ
受講期間
2ヶ月
定員
なし
現代の企業において、プロジェクトはもはや当たり前の業務形態となっています。そしてプロジェクトの成功とは、トラブルとリスクを回避しながら、期日どおりに、予算の範囲内で、利用者の満足を実現することです。そこには多くの困難が伴い、企業の経営陣にとっては、プロジェクトを成功に導くためにチームやリーダーをどのように支援していくか、経営者・役員はそのために何を知り何を学ぶべきかを理解することが課題となります。この講座では、プロジェクトマネジメントの重要性を理解したうえで、経営者・役員がプロジェクトチームを支援するために必要な手法や対応の仕方、プロジェクトマネージャーの育成と選択の考え方について学んでいきます。

講師

水谷浩二
(元 日本アイ・ビー・エム株式会社 常務執行役員、株式会社クレスコ 取締役副社長)
1970年日本アイ・ビー・エム株式会社入社。
金融システム本部長、IBMコンサルティング・ブループ主席コンサルタント、
アジア・パシフィックIBMコンサルティンググループGM等を経て、現在に至る。

カリキュラム

  • ■プロジェクトマネジメントとは
  • ■いまなぜプロジェクトマネジメントが重要か
  • ■プロジェクト計画を作る
  • ■方法論(科学的手法とマネジメント)
  • ■進捗管理の手法
  • ■マネジメント対応と経営者の役割

プログラム概要

名称
経営者のためのプロジェクトマネジメント講座(講師:水谷浩二)
受講期間
2ヶ月
講義時間
約2時間
受講スタイル
オンライン講義視聴のみ
開講月
毎月1日開講
受講料
12,000円(税別)
お支払
以下の方法がご利用いただけます。
  • ・銀行振り込み
  • ・教育ローン
  • ・クレジットカード
  • ・ペイジー(ネットバンキング・ATM)
  • ・コンビニ決済

  • 【教育ローン】
  • ※ご利用にあたっては、各教育ローン会社からの審査がございます。審査の結果、教育ローンがご利用になれない場合もございますので予めご了承ください。
  • ※海外にお住まいの方は、教育ローンをご利用頂くことができません。
  • ※審査にお時間を要する場合もございますため、必ず「各コースの申込締切10日前」にお申し込み手続きを完了させてください。

  • 【ペイジー】
  • ※金融機関のATMやネットバンキングから支払うことができるサービスです。
  • ※手数料は無料で、100万円未満のご注文でご利用いただけます。
  • ※10万円以上の場合はATMはご利用いただけません。
  • ※ペイジーでは、お支払い期限が過ぎると注文は自動的にキャンセルされます。予めご了承ください。
  • ※詳細はこちら(http://www.pay-easy.jp/index.html)をご確認ください。

  • 【コンビニ決済】
  • ※「確認番号」「受付番号」の2種類の番号を使ってコンビニで代金をお支払いいただけるサービスです。
  • ※手数料は無料で、お支払は現金のみとなります。
  • ※30万円未満のご注文でご利用いただけます。
  • ※お支払い期限が過ぎると注文は自動的にキャンセルされます。予めご了承ください。
  • ※利用可能なコンビニエンスストア
    (セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、サークルK、サンクス、ミニストップ、デイリーヤマザキ、セイコーマート)
  • ※各コンビニでのお支払い方法はこちら(https://www.gmo-pg.com/sep/customer-convenience-store/
  • ※コンビニ支払の受領書がそのまま領収書としてお使いいただけます。
  • ※領収書は弊社では発行いたしかねますのでご了承下さい。
お申込み締切
開講日より5営業日前の15:00まで
※お申込み締切日は変更になることがありますので、お知らせ欄にて必ずご確認ください
応募資格
BBT大学/大学院、Bond-BBT MBAプログラムに在籍中の方はご参加いただけません
副教材
なし
  • facebook
  • twitter

各種ソーシャルメディアで様々な情報をお届けしております。

大前研一 ニュースの視点