BBT問題解決力トレーニングプログラム|論理的思考(ロジカルシンキング)と問題解決手法を鍛える

無料メールマガジン 大前研一 ニュースの視点
0120-48-3818 平日9:30〜17:30(土日祝を除く)

R&Dマネジメント

豊富な企業事例から、R&Dマネジメントの基本的なフレームワークや知識を学ぶ

講師:伊藤良二
開講月
毎月1日開講
受講スタイル
オンライン講義視聴のみ
受講期間
2ヶ月
定員
なし
この講座では、日本経済のイノベーションエンジンになりうるといわれている“MOT”(技術経営)の基本的考え方を学びます。ここで、技術経営あるいはR&Dマネジメントとは、技術の効果的な活用を通じて、企業価値の拡大につなげていく一連のプロセスをマネジメントしていくことをさします。具体的には、R&Dマネジメントの歴史的変遷を振り返るとともに、事業戦略とR&D戦略の関係、R&D戦略の効果的立案の方法、R&D戦略を実行していく上での組織構築の考え方など、豊富な企業事例を紹介しながら、R&Dマネジメントの基本的フレームワークや、知識を身に付けることができます。

講師

伊藤 良二
(慶應義塾大学 政策・メディア研究科 教授、マネージメント・ラボ 代表)
慶應義塾大学工学部管理工学科卒業、シカゴ大学経営大学院修士課程修了。
マッキンゼー・アンド・カンパニーのパートナーを経て、UCC上島珈琲の経営企画、商品開発担当取締役に就任。その後ベンチャーキャピタルのシュローダー・ベンチャーズの代表取締役を経てベインに参画。
情報通信、エレクトロニクスを含むハイテク分野から小売、食品、ヘルスケア、サービス、環境に至る幅広い分野を手がけています。グループ戦略、M&A戦略、組織改革、IRを含むコミュニケーション戦略といったテーマや、ベンチャー、プライベートエクイティ等に関しても豊富な体験と知見を有している。

カリキュラム

  • ■R&Dマネジメントは何故必要か?
  • ■R&Dマネジメントとは?その発展の歴史は?
  • ■R&Dマネジメントのキーポイントは?
  • ■R&D活動の運営効率を最大化にするためには?
  • ■イノベーションを生み出す組織づくり
  • ■今後求められるR&Dマネジメントの姿
  • ■日本におけるR&Dマネジメントの成功事例

プログラム概要

名称
R&Dマネジメント(講師:伊藤 良二)
受講期間
2ヶ月
講義時間
約4時間
受講スタイル
オンライン講義視聴のみ
開講月
毎月1日開講
受講料
28,000円(税別)
お支払
以下の方法がご利用いただけます。
  • ・銀行振り込み
  • ・教育ローン
  • ・クレジットカード
  • ※教育ローンのご利用にあたっては、各教育ローン会社からの審査がございます。審査の結果、教育ローンがご利用になれない場合もございますので予めご了承ください。
  • ※海外にお住まいの方は、教育ローンをご利用頂くことができません。
  • ※審査にお時間を要する場合もございますため、必ず「各コースの申込締切10日前」にお申し込み手続きを完了させてください。
お申込み締切
開講日より5営業日前の15:00まで
※お申込み締切日は変更になることがありますので、お知らせ欄にて必ずご確認ください
応募資格
BBT大学/大学院、Bond-BBT MBAプログラムに在籍中の方はご参加いただけません
副教材
なし
  • facebook
  • twitter

各種ソーシャルメディアで様々な情報をお届けしております。

大前研一 ニュースの視点