BBT問題解決力トレーニングプログラム|論理的思考(ロジカルシンキング)と問題解決手法を鍛える

無料メールマガジン 大前研一 ニュースの視点
0120-48-3818 平日9:30〜17:30(土日祝を除く)

成果を出す人材の分析・発見講座

人材の能力・適正を正確に見極めることができるのか、その方法について具体的に学ぶ

講師:川上真史(ビジネス・ブレークスルー大学 経営学部 グローバル経営学科 教授 同 大学院 経営学研究科 専任教授)
開講月
毎月1日開講
受講スタイル
オンライン講義視聴のみ
受講期間
2ヶ月
定員
なし
企業の競争力を支える最大の要因は何か。それは明らかに人材です。つまり、人材の能力・適正をできるだけ正確に分析して、「誰に投資すべきなのか」あるいは「誰をどのように活用するべきなのか」を迅速かつ的確に意思決定することが、競争力を左右する非常に重要な課題となります。しかし、その重要性にもかかわらず、人材を見る目(=分析する力)をしっかり身に付けている人間が非常に少ないのがいまの企業の実情であり、多くは俗説や自分勝手な偏った見方で人材を判断しています。
この講座では、どのようにすれば俗説や自分の偏った見方に惑わされず、人材の能力・適正を正確に見極めることができるのか、その方法について具体的に学びます。

講師

川上真史
ビジネス・ブレークスルー大学 経営学部 グローバル経営学科 教授
同 大学院 経営学研究科 専任教授
Bond大学大学院 非常勤准教授
株式会社タイムズコア代表
明治大学大学院兼任講師
株式会社ヒュ-マネージ 顧問
産業能率大学総合研究所研究員、ヘイコンサルティンググループコンサルタントを経て、97年4月より現職。
コンピテンシー理論に基づくコンサルティング・人材アセスメントの実践などの活動や、講演、セミナーなどでも活躍中。ビジネス・ブレークスルー大学専任教授、株式会社ヒューマネージ顧問を兼任。
日経ビデオ、PHP通信教育での著作や、ビジネス・ブレークスルーチャンネル(CS)へのレギュラー出演など、幅広い分野での活動を行なっている。
京都大学教育学部教育心理学科卒

【主な著書】
『自分を変える鍵はどこにあるか』(ダイヤモンド社)
『のめり込む力』(ダイヤモンド社)
『コンピテンシー面接マニュアル』(共著、弘文堂)
『できる人、採れてますか?』(共著、弘文堂)
『仕事中だけ「うつ」になる人たち―ストレス社会で生き残る 働き方とは』(日本経済新聞社)
『大前研一と考える営業学』(共著、ダイヤモンド社)
『20代で大切にしておきたいこと』(海竜社) など

カリキュラム

セクション内容
セクション1
「コンピテンシー分析・基礎編」
  • ・人材の精算価値と投資価値
  • ・人材の投資価値(コンピテンシーの考え方)
  • ・コンピテンシーを分析するときの具体性
  • ・コンピテンシーのレベル
  • ・コンピテンシー分析・基礎編演習
セクション2
「コンピテンシー分析・応用編」
  • ・評価をゆがめる要因
  • ・事実確認法によるコンピテンシー分析
  • ・コンピテンシー・インタビューの手法
  • ・コンピテンシーの開発
  • ・コンピテンシー分析・応用編演習
セクション3
「パーソナリティ分析・基礎編」
  • ・人材の精算価値と投資価値
  • ・人材の投資価値「コンピテンシーの考え方」
  • ・コンピテンシーを分析するときの具体性
  • ・コンピテンシーのレベル
  • ・コンピテンシー分析・基礎編演習
セクション4
「パーソナリティ分析・応用編」
  • ・ストレス対応力
  • ・社会性
  • ・行動エネルギーの変容
  • ・動機づけとコミュニケーション
  • ・パーソナリティ分析・応用編演習

プログラム概要

名称
成果を出す人材の分析・発見講座
受講期間
2ヶ月
講義時間
約5時間
受講スタイル
オンライン講義視聴のみ
開講月
毎月1日開講
受講料
28,000円(税別)
お支払
以下の方法がご利用いただけます。
  • ・銀行振り込み
  • ・教育ローン
  • ・クレジットカード
  • ※教育ローンのご利用にあたっては、各教育ローン会社からの審査がございます。審査の結果、教育ローンがご利用になれない場合もございますので予めご了承ください。
  • ※海外にお住まいの方は、教育ローンをご利用頂くことができません。
  • ※審査にお時間を要する場合もございますため、必ず「各コースの申込締切10日前」にお申し込み手続きを完了させてください。
お申込み締切
開講日より5営業日前の15:00まで
※お申込み締切日は変更になることがありますので、お知らせ欄にて必ずご確認ください
応募資格
BBT大学/大学院、Bond-BBT MBAプログラムに在籍中の方はご参加いただけません
副教材
なし
  • facebook
  • twitter

各種ソーシャルメディアで様々な情報をお届けしております。

大前研一 ニュースの視点