BBT問題解決力トレーニングプログラム|論理的思考(ロジカルシンキング)と問題解決手法を鍛える

無料メールマガジン 大前研一 ニュースの視点
0120-48-3818 平日9:30〜17:30(土日祝を除く)

リーンスタートアップ講座

新規事業の成功確率を高めるための、シリコンバレーで生まれた考え方を学ぶ

講師:和波俊久(Lean Startup Japan LLC 代表社員)
開講月
1、3、5、7、9、11月(各月1日開講)
受講スタイル
オンライン講義視聴のみ
受講期間
2ヶ月
定員
なし
新規事業に正攻法はありません。しかしながら、事業環境の急激な変化により、新しい考え方がいま必要とされています。
企画の品質を高めるよりも数多く試してみること、刻々と変化する環境に適応できる組織であること、そして小資本・短期間・最低限の品質を目指すこと。
このようなリーンスタートアップの考え方を理解し、組織に導入するための新しいプログラムを提供します。

プログラムの特徴

  • オンライン講義でリーンスタートアップの代表的な考え方である「フィードバックループ」「MVP」「ピボット」の考えを理解できる
  • リーンスタートアップを組織で実践していくためのヒントを得られる
  • 講師は起業経験もあり、リーンスタートアップの第一人者でもある和波講師

講師

和波俊久
(Lean Startup Japan LLC 代表社員)
自身2度の起業経験と、IT企業でのプロセスコンサルタントとしての活動を経て、2012年に“Lean Startup Japan LLC”を設立。
日本の「トヨタ生産方式」を起源とするリーンスタートアップの考え方を中心した新規事業の立ち上げ支援を行っている。
プロセスコンサルタントの視点を活かし、「どのような事業を始めるか」ではなく「どのように事業を始めるか」にフォーカスした独自のコンサルティングを提供する。
クライアントはベンチャー企業のみならず新規事業創出を手がける大企業や地方自治体、さらには起業家育成講座を開催する教育機関まで幅広く提供している。

カリキュラム

講義テーマ講義内容
第1回概要編1「プロセス」について
第2回概要編2リーンスタートアップの概要
第3回概要編3リーンスタートアップが普及した背景
第4回概要編4伝統的な手法とリーンスタートアップの考え方①
第5回概要編4伝統的な手法とリーンスタートアップの考え方②
第6回実践編1リーンスタートアップを組織に導入するには
第7回実践編2実践その1:バッチサイズとワンピースフロー①
第8回実践編2実践その1:バッチサイズとワンピースフロー②
第9回実践編3リーン思考のチームとは
第10回実践編4実践その2:全体最適と部分最適

体験映像

プログラム概要

名称
リーンスタートアップ講座(講師:和波俊久)
受講期間
2ヶ月
講義時間
約2.5時間
受講スタイル
オンライン講義視聴のみ
開講月
1、3、5、7、9、11月(各月1日開講)
受講料
15,000円(税別)
お支払
以下の方法がご利用いただけます。
  • ・銀行振り込み
  • ・教育ローン
  • ・クレジットカード
  • ※教育ローンのご利用にあたっては、各教育ローン会社からの審査がございます。審査の結果、教育ローンがご利用になれない場合もございますので予めご了承ください。
  • ※海外にお住まいの方は、教育ローンをご利用頂くことができません。
  • ※審査にお時間を要する場合もございますため、必ず「各コースの申込締切10日前」にお申し込み手続きを完了させてください。
お申込み締切
開講日より5営業日前の15:00まで
※お申込み締切日は変更になることがありますので、お知らせ欄にて必ずご確認ください
応募資格
BBT大学/大学院、Bond-BBT MBAプログラムに在籍中の方はご参加いただけません
副教材
なし
  • facebook
  • twitter

各種ソーシャルメディアで様々な情報をお届けしております。

大前研一 ニュースの視点